2008年05月07日

子宮筋腫&子宮癌が自然消滅!

 子宮筋腫、子宮癌は生活習慣病の一種。子宮筋腫や子宮癌は更年期
に入る40代前半に急速に発覚する。「肩が凝る、疲れる、イライラす
る、貧血で目まいがする」等、個人差がある。現代女性は定職を持
ち、責任者も多く、込み合う検査や通院で時間が取れず、出来るだけ
周りに知られたくない。ついつい辛抱し、放置してしまう。
 子宮筋腫を放置する事はうっ血状態の筋腫を生体内に抱え続ける状
態で段々、血液循環が低下し汚染が加速する。生活習慣病とは発覚し
たこの時点前の20代、30代の食生活、睡眠、ストレスが原因。
ストレスには精神的なものとストレス物質がある。
 前者を代表する者が「人間関係」、後者が「喫煙やタール系色素」である。
自然界には必ず「癒す妙薬」が存在する。
1989年春に発売して20年目を迎えた「健康福寿源療法」では自然消滅
が大いに期待出来る。
 URLホームページ「http://www.natural-cma.com」を御参考にして下さい。
また電話、メールの個別健康相談も御遠慮なくお寄せ下さい。


<子宮筋腫が消滅しました!> [ 体験者の証言 ]
 「主婦 当時46歳〜以来20年目」

 私は美容関連で若い時から立ち仕事を続けています。40歳も半ばを
過ぎた頃に肩が凝り、少し疲れやすく成り始めて病院で検査しました。
「子宮筋腫と卵巣がかなり肥大している。ベッドが空き次第手術
する!」と宣告を受けました。
 入院予定日までの3ヶ月間、井上社長が研究開発、自社製造した「健
康福寿源」を必死で飲みました。指示通り飲み始めて3週間目に猛烈な
異臭を伴った生理が排泄され、それ以後、急速に体調が改善されてい
きました。3ヵ月目に入院し、手術の為の検査結果の朝、子宮筋腫は消
滅し、卵巣肥大は縮小していました。「とうとう手術から逃げてしま
ったね!」と主治医から言われ、この日に退院しました。
 この喜びを不安を抱く皆様のお役立になればと証言致します。以
来、健康維持増進に継続飲用し、日々、元気に働いております。


<子宮癌・卵巣癌末期から生還!> [ 体験者の証言 ]
 「主婦 当時51歳〜以来12年目」

 私は子宮筋腫と言われ、平成9年12月に手術をしました。子宮から卵
巣全部を切除し、リンパ節にも転移し抗癌剤を使用する予定を取り止
めて「健康福寿源療法」を採用し自宅療養致しました。
 井上社長のご指導に従って頑張って飲用を続けました。
最初の1年間は1ヶ月間隔で検査を受け、2年目から3ヶ月に
一度の検査を受け続けました。
 そして2年6ヶ月目の平成12年6月の検査で主治医より
「健康福寿源療法で完全に治ったね!」と言われ、感謝で一杯です。
以来、健康維持増進に心掛けて飲用し日々、元気に過ごしておりす。
 



posted by 浩郷 kogo at 19:14| Comment(45) | TrackBack(4) | 時事「美容と健康」視点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。